iPhoneXとアンドロイド端末の違いについて

###Site Name###

iPhoneXとアンドロイド端末、一体何が違うのでしょうか。

これから携帯を変える、もしくはアンドロイド端末からiPhoneXに機種変更するという人は是非チェックしておきましょう。

まず、第一にアンドロイド端末とiPhoneXでは使用できる機能が大きく変わってきます。

アンドロイド端末で一般的であったおサイフケータイや赤外線通信、さらにはワンセグ機能がapple製品では一切使用することができません。



海外ではapple独自のネット決済システムが取り入れられているようですが、この機能、日本ではまだ導入されていないのであまり関係はないでしょう。


さらに、アンドロイド端末の場合、防塵、防水機能がついているものが多かったのですが、apple製品の場合はほとんどが防水機能がついていません。

つまり、水にぬれればそのまま故障してしまうということです。


これだけ聞くと、iPhoneXにはあまり魅力が感じられないのではと思われる人もいるかもしれませんが、実際のところカメラ機能やそのデザイン性、アプリの品質などアンドロイド端末に負けない、むしろ優れているところはいくつかあります。



どちらを選ぶにしても、メリットデメリットがあるので、それぞれ好みや目的に合ったものを選んでいくといいでしょう。とはいえ、iPhoneXはある程度の期間ごとに新機種が発表されていますし、その機種ごとに新しい機能、性能がプラスされていきます。


より高性能、高機能の端末を使用していきたいというのであればやはり、apple製品を選んだ方がメリットが大きいのかもしれません。
iPhoneXは基本的に防水性というわけではないので、水分がつくこと自体がNGです。

とはいっても、時には人為的なミスで、iPhoneXの本体に水分がついてしまうこと、お風呂やトイレなどに落としてしまうこともあるでしょう。


そんな時、通常であれば、すぐに本体端末は使用できない状態になってしまうのでしょうが、事前にその対策をしておけば大切なデータ等を守ることができるかもしれません。というのも、iPhoneXの修理業者の中にはそういったiPhoneXの水没故障の事前の対策として、端末内の機械部分に防水処理をすることができるところもあるのです。



もちろん、この業者、appleの正規の業者というわけではないので、場合によっては注意が必要なケースもあります。
とはいえ、appleの保証サービスに加入していないという場合にはこの防水加工をしておいた方が、万が一の時の修理代をより抑えることができるので、人によっては非常におすすめの方法です。

この防水処理、決してiPhoneXを水に浸してもそのまま使えるという意味ではありません。


もし万が一、水分が機械内に入っても、ある程度までならその内部を守ることができますよ、という意味の防水加工なので、さほど大きな期待はできないかもしれません。
ですが、それでも水没によって端末内のデータがすべて消えてしまうという危険はなくなるので、より安全面を重視するのであればこの方法がオススメなのです。